読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幕末浪漫第二幕 月華の剣士〜月に咲く華、散りゆく花〜(PS4、SNK)

f:id:ryojio2k:20170110160405j:plain

The Last Blade 2 - YouTube Gaming

gaming.youtube.com

gaming.youtube.com

1998年1月にリリースされた「幕末浪漫 月華の剣士」の続編であり、1999年1月にリリースされたのが「月華2」こと「幕末浪漫第二幕 月華の剣士〜月に咲く華、散りゆく花〜」。
海外では「The Last Blade」及び「The Last Blade 2 Heart of The Samurai」としてリリースされています。

1999年11月にリリースされる「餓狼 Mark of The Wolves」とは、グラフィックの爽やかなタッチ(TONKO氏がイラストを担当)や操作感が似ている「SNK新時代」を感じさせるものでした。
当時は「SNKらしくない」とも言われたものですが、意図的にイメージを変えようとしていた感じが見受けられ、また「新規IP」としてこれから育てようとしていたことも伺えます。

個人的には「るろうに剣心サムスピをパクった」ことの回答として「幕末を舞台にした新規タイトルでるろうに剣心から逆にインスピレーションを受けた」タイトルだったのではないかと思っています。
時代にとらわれないモダンな衣服(ロングコートなど)、ほぼそのまま再現したであろうキャラ(斬鉄など)や技(牙突など)。

李烈火は「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ」の主人公「黄飛鴻(演:ジェット・リー)」そのもののキャラであり、「無影脚」も同作の劇中で繰り出していた技そのものだったりします。
たまたま月華の剣士の前にその映画を見ていたこともあり、自分の興味は「牙突の鷲塚慶一郎」と「無影脚の李烈火」の二択になっていました。

永久コンボが散見されたり、AC同時押し連打などの「不具合」もあったりしますが、遊びやすい良い作品だと個人的には思っています。
PS4版及びPSVita版がリリースされた今こそ、遊んでみるのが良いのではないでしょうか。